TAX PLANNING

相続・贈与税対策

相続・贈与税対策 相続・贈与税対策

1. 資産税業務

相続業務を扱う税理士が少ない中、通常業務として行っています。外部スタッフにおいては、司法書士、信託銀行、建築業者、不動産業者等 複数の業者と連携することで、独立性を保ち、充実したサポート体制を確立しています。独立した立場が強みです。

2. 相続対策の流れ

  • 1. 現状の把握(財産額の概算計算)

    • 財産の棚卸し

      名寄せ

  • 2. 相続税額の試算

  • 3. 争族防止対策(分割の方向性) 親としての愛情(けじめ)

    • 遺言書の作成

      公正証書

    • 不動産対策

      測量、分筆等

    • 贈与

      贈与税の低率部分の活用
      孫に贈与
      贈与税の配偶者控除

  • 4. 課税財産を減らす

    • 財産自体を少なくする

      生前贈与

    • 債務を増やす

      土地の売却検討

    • 法定相続人を増やす

      税務上の特例制度を適用する。 養子

  • 5. 税金対策を行う

    • 評価を下げる

      アパート経営等

    • 保険の活用

      非課税枠の利用

    • 延納・物納の事前調査

      測量、分筆等

  • 相続対策を思い浮かべると、アパート経営、保険活用等、まず、手段である節税ばかりに、目が行きがちです。相続業務の目的は、「円滑な財産のバトンタッチ業務」であり、相続がきっかけで、家族が崩壊しては悲しすぎます。

3. 資産防衛サービス

  • ・ 財産棚卸表の作成
  • ・ 財産棚卸表のメンテナンス
  • ・ 相続税の試算
  • ・ 遺言書の相談
  • ・ 節税案の企画、ご提案
  • ・ 生前贈与、不動産対策 等