CASE FILE

税理士事件簿

税理士事件簿 税理士事件簿
  • ■ 申告期限が後7日しか、ない!!(資産税)
    これは相続税の案件で、申告期限7日前に、
    依頼を受けたケースです。
    原則、相続税は、相続開始日から10カ月以内に、
    申告・納付する義務があります。
    この10か月以内に、
    遺産となる財産(土地・預金等)を整理し、
    遺産分割を済ませて納税するのが、一般的です。 この時は、さすがに、焦りました。
    でも、他に相談できる相手がいない。
    とにかく、やるしかない。 最初の2~3日は、住宅地図やカメラをもって、
    不動産の現地調査を行ったり、
    所轄の税務署に評価減の事前交渉を行いました。
    幸い、遺産分割は方向性が定まっており、
    小規模宅地等の特例は適用できました。
    困った点は、
    農地の納税猶予を受けようとしていたことです。 事前に農業委員会には手配済みでしたが、
    本当にこの特例を使うべきかの試算が大変でした。
    なんせ、20年の縛りがつきますから。
  • ■ 税務調査で、貸し金庫に800万円!!(資産税)
    これは相続税の案件で、
    ある金融機関様の無料税務相談で、
    依頼を受けたケースです。
    相続税の税務調査は、
    名義預金を中心とした流動性財産の調査が多く、
    税務調査により、
    85.8%の確率で財産の計上もれが見つかっています。
    そのうち、現預金が37%占めるというデータがあります。
    この案件においては、事前に税務調査を意識し、
    被相続人名義に限らず、配偶者、子供、孫、親戚までの範囲で、
    預金通帳のコピーを頂き、預金検討表を作成しました。
    その中で、生前贈与と認められる預金移動については、
    課税財産に含めました。ここまではよかったのです。
    しかし、税務調査が入ると、依頼者が、
    私に黙っていたことが一つ判明したのです。
    なんと、被相続人名義の貸金庫に、
    現金が800万円入っていたのです。
    『あれほど、預金移動表を整理し、質問したにも関わらず・・・』、
    とても残念でした。
    この場合に、納税者については、
    仮装隠蔽行為として、罰金税が科せられます。
    依頼者と税理士は、信頼関係が大事です。
    税理士に対しては、全てをご相談ください。
    税理士は、専門家として、事実関係を整理し、
    税務上の特例をご提案します。
  • ■ 合併ができない!!(資産税)
    これは、商法改正前の案件です。
    ある社長様から、金融機関の融資の関係で
    子会社同士を合併させたいという相談を受けました。
    実は、この社長様には、
    別の税理士とのおつきあいがありました。
    当時、組織再編成の税務については、
    施行されたばかりでした。
    私の場合、幸い、
    合併処理の経験が複数あり、
    所轄税務署との協議の結果、
    社長様が希望した通りの合併が実現したのです。
    この社長様とは、この案件後、
    顧問契約させて頂きました。
    税理士にも、常に変化が要求されます。
    常に新しい情報を仕入れて、
    お客様にご提案して行きたいと思います。